読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

教員採用試験の裏技

そもそも、大学で教職などとらなくとも試験で
小学校
特別支援学校
の免許ならとれる制度
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/nintei/1355440.htm


愛知県
一次試験完全免除
非常勤講師経験者採用 講師経験者としての勤務実績 平成 20 年4月1日から平成 27 年3月 31 日までの7年間に、国立大学法人が設置する学校又は公 立学校において講師(非常勤の職にある者を除く。)又は養護教諭及び栄養教諭(正規任用者及び非 常勤の職にある者を除く。)としての勤務実績を有すること(年数は何年でもOK)
他県常勤経験者採用 教諭国立大学法人が設置する学校又は公立学校の正規任用の教諭、養護教諭又は栄養教諭の職にあり、 平成 27 年4月1日現在において、3年以上(休職、育児休業等の期間を除く。)の勤務実績を有する人

名古屋市 http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/cmsfiles/contents/0000059/59161/26youkou.pdf

非常勤講師経験者採用<要 件> ○ 名古屋市公立学校(園)に常勤・非常勤講師として任用され、平成22年度から平成27年度 (平成27年5月31日まで) において、任用期間が通算2年以上ある人 <対 象> ○ 中学校・小学校・特別支援学校・養護教員志願者 <免除内容> ○ 1次試験の「総合教養」
他県常勤経験者採用 ○ 現在、名古屋市以外の国公立学校に本務教諭として勤務しており、平成26年度末までに 本務教諭の任用期間が通算して2年以上ある人 ※ 本務教諭とは、採用試験を経て採用された正規教員を指します。 <対 象> ○ 中学校・小学校・特別支援学校・養護教員志願者 <免除内容> ○ 1次試験の「総合教養」・「専門」・「実技」・「小論文」
 名古屋市独自 名古屋市において、平成22年度から平成27年度 (平成27年5月31日まで)に、下の活動(任用)期間 が通算2年以上ある人 ○ トワイライトスクール(放課後子どもプランモデル事業を含む)・トワイライトルーム において次の活動をしている人 運営指導者、子ども指導員、地域協力員(「AP」)、体験活動講師、学生ボランティア ○ ふれあいフレンド、部活動外部指導者(部活動外部顧問を含む)、理科支援員、名古屋 市児童福祉センター「あそびっこ」、母語学習協力員、名古屋市民おんたけ休暇村キャンプ カウンセラー、フレンドリーユース ○ 土曜学習いきいきサポーター <対 象> ○ 中学校・小学校・特別支援学校・養護教員志願者 <免除内容> ○ 1次試験の「総合教養」<必要書類> ○ 「特例B実績証明書」(水色) ※所属長・所属団体の証明が必要 ※ 活動(任用)期間がその月に1日でもあれば、1か月分と算定し、12か月分で1年とします。 ※ 土曜学習いきいきサポーターは、活動回数が24回以上必要です。
http://www.city.nagoya.jp/kyoiku/page/0000055314.html



大阪府

http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/4212/00147310/H27annai.pdf
平成 23 年 4 月 1 日から平成 26 年 3 月 31 日までの間に大阪府内の公立学校における講師としての勤務経験(非常勤の経験は含まない。)がある者で、その勤務経験が平成 26 年 3 月 31 日までに 通算 3 年以上あること。


名古屋市の教員採用試験の免許の多さによって給与が変わるのか?



特別支援学校の免許は別に単位を取らなくても取得可能であった。
特別支援学校教員資格認定試験というもので可能。大体3倍~4倍らしい。