地域障害者職業センターに問い合わせしてジョブコーチ制度について伺った。

質問1 地域障害者職業センター「障害者の雇用の促進等」のジョブコーチ制度と就労移行支援「総合支援法」における職場定着支援(6か月)との違いは何か。こちらはサービス1割負担だけれども
A、就労移行支援の場合だとフォローアップで様子を伺いにいくようなことだが、職場適応援助者支援の場合は、会社の指導や支援を具体的に含む。一緒に行くこともある。それは厳密には別れてないが連携・分担する。

問2 障害者本人があの企業で就職したいといった場合、職場開拓はしてもらえるのか。
A、それはハローワークの業務、職業準備支援というのが地域障害者職業センターがある。
自己理解の講座がある。

質問3 職場適応援助者(ジョブコーチ)は一か月~七か月ほど利用できるそうですが、それでも課題や不安がある場合延長することは可能でしょうか?また、たとえば職場に適応できなくて、辞めてしまった場合再度利用できるのでしょうか?(その場合、一回で最大7か月の時計の針はリセットされますか?)
A、転職していける。平均は3か月。

質問4 職業評価の心理検査はどんなメニューがあるか?
心理検査
厚生労働省編一般職業適性検査 (General Aptitude Test Battery: GATB)
ウェイス
エゴグラム