読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

児童発達支援センターで3年働けば試験だけで幼稚園教諭になれ+介護福祉士もとれる。

幼稚園教員資格認定試験なるものがある。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2015/04/30/1355441_01.pdf

対象者は
・大卒
・保育士経験3年(1月当たり120時間以上従事)
・上記の経験の対象施設:児童福祉施設児童福祉法(昭和22年12月12日法律第164号)第7条第1項に規定された施設)

第七条  この法律で、児童福祉施設とは、助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、幼保連携型認定こども園、児童厚生施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、情緒障害児短期治療施設、児童自立支援施設及び児童家庭支援センターとする。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO164.html#1000000000001000000001000000000000000000000000000000000000000000000000000000000


が、この資格認定試験はとても難しく合格率22%。
http://xn--94q83lx4g3sh731ahnvtfb.com/ratio.html

しかも問題で指導案の作成まである。出願期間は毎年5月の3週間ぐらい。


でもここでポイントがある。
この中で、児童発達支援センターは、社会福祉士精神保健福祉士介護福祉士の実務経験の対象の内の施設なのだ。


つまり、、、、

児童発達支援センターで3年間現場で働けば、幼稚園教諭介護福祉士がダブルゲットするための実務経験が得られる。すげぇ、、、こんなこと誰も気づいてないだろうな。(社会福祉士精神保健福祉士もとれるが自分の場合もうあるから関係ないや)




補足文部科学省初等中等教育局教職員課に 問い合わせしてみた。


お世話になっております。
文部科学省初等中等教育局教職員課でございます。

メールにていただいた御質問につきまして、以下回答申し上げます。

1、実務経験の対象施設について
案内を読むと保育士としての実務経験の対象の施設は、児童福祉施設児童福祉法
(昭和22年12月12日法律第164号)第7条第1項に規定された施設)とありました。
調べてみると以下の施設が第7条第1項に示されておりました。
助産施設、乳児院、母子生活支援施設、保育所、幼保連携型認定こども園、児童厚
生施設、児童養護施設、障害児入所施設、児童発達支援センター、情緒障害児短期
治療施設、児童自立支援施設及び児童家庭支援センター
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S22/S22HO164.html#1000000000001000000001000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
とありました。
そこで質問なのですが、児童発達支援センターでの勤務経験は、幼稚園教員資格認
定試験の対象の施設になるでしょうか?

(回答)
児童発達支援センター児童福祉法第7条第1項に含まれる施設ですので、
勤務経験に含まれます。ただし、当然ながら「保育士として」の勤務経験のみが
算入対象となりますので、保育士以外の職として当該施設で働いた期間は
算入されませんので御注意ください。


2、雇用形態が派遣職員の期間は、実務経験の対象にならないと注意にかかれてま
すが、これはその契約社員あるいはパート・アルバイトであっても実務経験の対象
にはならないのでしょうか?たとえば、児童発達支援センターで直接雇用されてい
契約社員・パート労働者は対象外でしょうか?

(回答)
派遣職員とは、「労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の保護等に関
する法律(昭和六十年七月五日法律第八十八号)」に基づく労働者派遣として派遣
先に派遣され、労働に従事する場合を言います。派遣職員は、派遣元企業(「テン
プスタッフ」「アデコ」などのいわゆる人材派遣業者)との雇用契約関係にあり、
派遣先(児童福祉法第7条第1項に規定する施設)との契約ではありません。派遣
職員は、派遣先との直接契約による労働者とは性格を異にするものであります。
児童発達支援センターで直接雇用されている契約社員・パート労働者は、派遣職員
とは異なりますので、幼稚園教員資格認定試験でいう実務経験の対象となります。
なお、繰り返しますが、1.でもお示ししたとおり「保育士として」の勤務経験の
みが対象となることに御注意ください。

以上、よろしくお取り計らいください。