読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スーパーグローバル大学&社会福祉士&博士&実務経歴というスーパーマン

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=4&id=D116040959&ln_jor=0


やっぱりきた、、、研究者業界のローパーとしての社会福祉士業界にも黒船が、、、

東洋大学
[機関の説明(募集の背景、機関の詳細、プロジェクトの説明等)]
このたび、本学ライフデザイン学部生活支援学科では、平成29年度に向けて下記の要領で専任教員を公募することとなりました。

1.採用職名:助教
2.所属学部学科:ライフデザイン学部生活支援学科
3.専攻分野:社会福祉学


[仕事内容(業務内容、担当科目等)]
1.担当授業科目(すべて学部開講科目)
 地域医療福祉専門実習A、地域医療福祉専門実習B、
生活支援学特別講義A、生活支援学特別講義B、
社会福祉援助技術現場実習指導Ⅱ、社会福祉援助技術現場実習指導Ⅲ
社会福祉援助技術現場実習、社会福祉援助技術演習Ⅴ


勤務形態
Employment status
常勤(任期あり)
年俸制による1年契約。契約の更新は2年以内の期間に限るが、契約期間終了にあたり、2年に限り新たに契約をすることができる。
勤務地
Work location
関東 - 埼玉県
応募資格
Qualifications
(1)博士の学位を有する者または研究上の業績がそれに準じると認められる者。
(2)社会福祉士の資格を有する者。
(3)文部科学省厚生労働省が示す「相談援助演習」、「相談援助実習指導」、「相談援助実習」を担当できる教員資格要件を有するか、もしくは平成29年3月末までに有する見込みのある者。(または、「社会福祉士実習・演習担当教員講習会」を平成29年3月末までに受講可能な者。)
(4)医療福祉領域での実践経験や研究業績を有する者
(5)専攻分野について公刊された著書、論文が3点以上あること。
(6)下記のいずれかに該当する者。
  ①海外において1年以上の教育・研究又は就業実績がある者。
  ②海外の大学で学位(修士以上)を修得した者。
  ③英語での授業が実施可能な者。
待遇
Treatment
職名:助教
給与:年俸額550万円
その他:交通費等は、東洋大学規程による


スゴイ内容・・・

博士+社会福祉士社会福祉士実習・演習担当教員講習会+海外での実績(英語で授業できるレベル=TOEIC900点以上程度)


この限定性が強みでもある反面、これで助教で任期が3年で年収550万ってのは低いのかなと思う。

言わずもがなだが、東洋大学はスーパーグローバル大学のB型に指定されている。
https://www.toyo.ac.jp/site/news/55729.html

要は、実習教育のドサ回りもさせられて、スーパーグローバル大学の教員のカウントにも数えられそれらの事業も担わされるということである。


特に条件(6)下記のいずれかに該当する者。

  ①海外において1年以上の教育・研究又は就業実績がある者。
  ②海外の大学で学位(修士以上)を修得した者。
  ③英語での授業が実施可能な者。

で予想するに一番多いのは3だろうが、採用に乗りやすいのは1か2だろう。何故なら、スーパーグローバル大学の助成金を貰える条件にそれが組み込まれているからである。


この求人が福祉で一発目ぐらいだろうから、これからドンドン増えるんだろうなー。怖い。