読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の段階では、実務家教員は修士上がりでも良いがそのうち博士も求められるようになる

blog.goo.ne.jp

 

 

「実務家教員」というのは、専門職大学院に特有の教員です。
法科大学院に弁護士が、教職大学院に教諭が採用されるのと一緒です。
苦しい研究生活を経て、立派な論文を書いてきた研究者の方と異なり、
現場の実務を担ってきた教員を、社会人大学院の教育に活かそうというものです。

 

で、

 

大橋謙策学長から、強烈な一言を頂きました。
「実務家教員の賞味期限は、せいぜい3年だからな。まぁ、せいぜい頑張ってくれ!」

僕の以前にも、もちろん専門職大学院に実務家教員はいた訳で。
その方に聞いたら、やはり同様のことを言われたそうです。
ただ、その時は「賞味期限は5年」と宣告されていたそうで…。

 

ということらしい。

大橋先生といえば、地域福祉の大家。

でも、3年~5年の賞味期限ってさそれって教育においてのソレでしょ。

元々に大学の採用ってのは研究職教員でさえ博士+αでずっと評価されるわけだし、それに賞味期限云々などはない。

 

で、福祉でいえば、5年やったら実習指導・演習は担えるんだから現状の国ルールとして3年~5年で教員として賞味期限切れ不適格になるってのはおかしい。

 

あと、そもそも「3年たったら賞味期限ギレ」ってのは大学教員として結局のところ、博士+実務経験どちらも求められるということだと思う。

 

少し外れるが博士でさえ研究者という呪縛から解放されつつあるのだ。

resemom.jp

 文部科学省は、1月16日開催の人材委員会における配付資料をWebサイトに掲載。博士人材の社会における活用促進について、これまでの検討を整理した概要案にて「博士課程を修了したら全員が大学の研究者になるのが当然」という価値観に縛られない、意識改革が重要とした。

 

実務家教員も博士が必要だし、博士も実務が必要なのだ。大切なのはその都度その都度の国の要求する採用基準をトレースしていって適応していくだけなのである。

おそらく、実務家教員にも博士も海外留学も実務5年も求められている。それは研究職教員も同様なのである。

私にも実務家教員も研究職教員も「どちらも足りない部分をキャリアアップしなさい」と言ってるようにしか見えない。

 

以前T大学というところで、以下のような条件で任期付きで年俸550万の採用枠があった。

・博士

社会福祉士

・実習演習担当指導出来ること(実務経験5年か研修会)

・著書、論文3本以上

・海外に1年以上の研究留学(つまり英語で授業出来るひと)

 

正直ビビった。これはもうインフレを起こしているんだなと。社会福祉士助教や講師というシステムは実務家教員・研究者教員なんていう概念ではなくどちらも必要なのだなと。私は、社会福祉士の在野の人たちには、フルタイムをやめて博士と海外にいって論文を書けと言いたいし、研究者はサバティカルや学校が終われば、ヘルパーやスクールソーシャルワーカーでもやれとも言いたい。

大変な時代である。